ARTS COUNCIL KOCHI
アーツカウンシル高知

ARTS COUNCIL KOCHI
アーツカウンシル高知

Copyright © 2019 ARTSCOUNCIL KOCHI All Rights Reserved.

「流し踊り」が明治40年「武士踊り」と改名され、さらに県指定の際「佐川町太刀踊」となった。
屋島を逃れた平家一族が安徳天皇を慰めるために踊ったのが始まりらしい。
蓮池の太刀踊、花取太刀踊と同系列の服装・歌・所作。

掲載日:2019年12月27日
アーティスト名

佐川町の太刀踊り保存会

サイトURL https://www.nihon-kankou.or.jp/kochi/detail/39402be2220095580
ジャンル 伝統芸能
活動内容 11月3日、黒岩地区四ツ白仁井田神社秋祭りに境内で奉納される。始の儀、近江源氏、間抜き、忠臣蔵、鎌倉、引や、木下藤吉郎、車太刀、入れ刃、五方、くづしの11通りの演目がある。黒の袴姿に白襷を長く背に垂らし、白鉢巻に手甲をつけ、2列相対して踊るが、鉦(かね)と太鼓とは先頭にあって相対する。音頭は列外に位置する。1列は太刀、1列は竹の両端に紙飾りをしたシデ棒を手にして踊る。 服装、歌詞とも仁淀川流域沿いの太刀踊りと類似している。明治40年までは、黒岩村流し踊りと称していたが、明治40年東宮殿下御覧の折、谷千城が武士踊りと称するがよかろうとのことで改称。昭和40年県指定されるに及んで佐川町太刀踊と呼称するようになった。
活動拠点 高知県高岡郡佐川町四ツ白 仁井田神社
設立時期
代表者名
所在地
TEL
FAX
メールアドレス
備考