ARTS COUNCIL KOCHI
アーツカウンシル高知

ARTS COUNCIL KOCHI
アーツカウンシル高知

Copyright © 2019 ARTSCOUNCIL KOCHI All Rights Reserved.

本川神楽は、昭和38(1963)年7月に高知県無形民俗文化財に指定されておりましたが、昭和55年1月28日付けで国の重要無形民俗文化財として指定されました。
また、昭和48年11月5日に「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」として選択されています。

四国の霊峰石鎚山麓の山里に、白い粉雪がちらちらと降り始めた冬祭りの鎮守の森に鳴り響くのが本川神楽であります。そして、仮面の神々が闇夜の中から舞いおりて、今もなお“夜神楽(よかぐら)”であります。

これまで貞享4(1687)年が本川神楽を知る年号でしたが、「本川村史」編さん事業を通じて、高橋氏が旧本川村中野川に落着した大永3(1523)年から本川神楽太鼓が鳴りはじめたことが明らかになりました。

毎年、11月に本川地区内の各神社の秋祭として夜神楽が行われていますが、その他にも7月「氷室まつり」、8月「吉野川源流本川まつり」、9月「高知城 秋のお城まつり」や「仁淀川 神楽と鮎と酒に酔う(隔年)」でもその踊りを見ることができます。
また、2015年1月24日には国立劇場(東京)において、現在も実際に残っている夜神楽の代表として、「1月民俗芸能公演『土佐の神楽~山深き本川の地に伝わる夜神楽~』」と題して演舞します。

掲載日:2019年9月19日
アーティスト名

本川神楽

サイトURL http://www.town.ino.kochi.jp/kankou_bunka_kuni_04.html
ジャンル 伝統芸能
活動内容 国指定土佐の神楽のひとつ。 藩政期には、旧本川村と現大川村の一部の小村を合わせた区域を本川郷と称し、古くは本川郷内の冬祭りに奉納されていた。座つき、神迎え、しめの舞、座堅め、初穂よせ、山王の舞、相舞、幣、般若、しがみ、折敷、剣、鬼神争い、長刀、やたの舞、神送りの演目があり、座堅めは柴つるぎ、柴、柴こき、法合わせ、扇の手に、鬼神争いは樵(きりこ)の舞、姫の舞、かげんの舞とに各々細分される。 従来九州より伝授され中野川の桟敷岩で舞ったに始まるとされていたが、新資料により大永3年(1523)ごろ中野川に落着した宗教者高橋氏一族によってもたらされたことが明らかになった。 11月14日大森八幡宮、15日長沢白髪神社、16日越裏門白髪神社などで奉納される。
活動拠点 いの町本川地区内神社
設立時期
代表者名
所在地
TEL 088-893-1922
FAX
メールアドレス kyouiku@town.ino.kochi.jp
備考