ARTS COUNCIL KOCHI
アーツカウンシル高知

ARTS COUNCIL KOCHI
アーツカウンシル高知

Copyright c 2019 ARTSCOUNCIL KOCHI All Rights Reserved.

1566年の戦国時代末期から一年たりとも欠かさず続いてきた「瑞応寺」境内で奉納される盆踊りです。
山間の小さなお寺、瑞応寺の盆踊りは温かいぬくもりを感じさせてくれます。

掲載日:2019年12月27日
アーティスト名

瑞応の盆踊り保存会

サイトURL https://sakawa-kankou.jp/zuiou2016.html
ジャンル 伝統芸能
活動内容 8月16日、黒岩地区瑞応の法相宗瑞応寺境内で奉納される。仁淀川流域の代表的な盆踊りで、この種の踊りは豊年踊りとも称して流域町村に見られる。コリャセ、千本、絵島、万才、サリトテの5通りの演目がある。各演目の曲調も、身振りも異なるが、コリャセ、万才、サリトテの歌詞は七七七五調であればどんなものでもよく、即興的に歌いこまれることもあるが、これは囃子詞からの名称である。 千本と絵島は口説き節で、古来からの歌詞があり、1節を歌うともう1人の音頭が次の1節を歌い、2人が交互に歌っていく。 千本には南無阿弥陀仏の転訛(てんか)した囃子が挿入される。踊り場中央には、花台と称する櫓(やぐら)を据え、老若男女の踊り子が浴衣姿で踊る。瑞応寺は、理春尼が夫片岡茂光と兄長宗我部国親を弔うために建立されたものである。
活動拠点 高知県高岡郡佐川町瑞応 瑞応寺
設立時期
代表者名
所在地
TEL
FAX
メールアドレス
備考