ARTS COUNCIL KOCHI
アーツカウンシル高知

ARTS COUNCIL KOCHI
アーツカウンシル高知

Copyright c 2019 ARTSCOUNCIL KOCHI All Rights Reserved.

新暦10月15日に奉納される大刀踊り。
入れ葉、シノギ、鎌倉山、清盛、忠臣蔵など12演目がある。
1965年6月18日に高知県指定「無形文化財」になる。

掲載日:2019年12月27日
アーティスト名

花採太刀踊り保存会

サイトURL https://www.nihon-kankou.or.jp/kochi/394106/detail/39410be2220090948
ジャンル 伝統芸能
活動内容 10月15日、城八幡宮秋祭りに境内で奉納される。嘉暦3年(1329)、沖名土岐城主別府彦九郎が八幡宮の神前に武運長久を祈願して奉納したことに始まり、その後天文年間(1532~55)に悪病が流行し、村人にもこれを踊らせるようになったとの伝承がある。花採太刀踊の呼称は、盆の芸能花取り踊りが祭礼芸能太刀踊りへと推移過程を示すものとして留意される。入レ葉、シノギ、木下藤吉、マヌキ、五方、近江源氏、車太刀、鎌倉山、クヅシ、忠臣蔵、違太刀、挽葉の12通りの演目があり、名々歌詞が異なる。黒紋付きに縦縞の袴、襷(たすき)、手甲脚絆(てっこうきゃはん)に草鞋(わらじ)、白鉢巻姿で2列横隊。このうち鉦(かね)、小太鼓各1名がいる。太刀とシデを手にした者が相対して踊る。
活動拠点 高知県高岡郡日高村沖名 城八幡宮
設立時期
代表者名
所在地
TEL
FAX
メールアドレス
備考